氾濫するCBD商品

現在、日本ではCBDは製造しておらず、また、製造できませんので、ほぼ、100%輸入されております。

海外で製品化されたものを、輸入して販売されているか、海外のCBDを輸入して、日本で充填し、「日本製」と謳って販売されている状態です。

この際に問題なのは、日本と海外とでは状況が異なる上、そもそもの法律が大きく異なることです。特に、日本では、大麻取締法がありますので、是か非かは問わず、法律を遵守する必要があります。

一番気をつけなければならないのは、日本では、大麻の茎と種から作られたCBDだけが法律の対象外とされていることです。弊社のCBDは、生産現場に担当者を派遣し、茎から抽出したと確認でき、トレーサビリティできるものだけを使用しております。

しかし、海外では、このような部位にこだわった規制があるわけでもなく、また、日本では非合法であるTHCが合法もしくは医療に限って合法等、様々な状況の差異があります。

ここを気が付かず、現地でCBD入り製品だと販売されているものを、そのまま輸入し、販売しているものの中には、日本では非合法のTHCが入っていたり、禁止部位を使った商品であったり、逆にCBDが全く入っていなかったりしております。

CBDが入ってなかったレベルでは笑い話で済みますが、万が一、THCが入っていたり、禁止部位を使った商品ですと、購入された方は、知らなかったでは済まされない厳しい状況になるかもしれません。大麻取締法では、「所有」は罰則の対象となります。(しかし、「使用」は罰則対象外なのです。なぜでしょうか)

このリスクを避けるためには、トレーサビリティが取れるCBDを輸入して、日本で日本の企業が監視下の元、製造されたものを購入することをお勧めします。

弊社のCBDは、米国より、製造現場を確認し、トレーサビリティできる99.9%以上のCBDを輸入し、日本で安全な素材を使って、製品化しております。

是非、一度お試しください。

CBDとTHC

CDBとTHCは、麻から抽出される主要な成分です。

CBDは、カンナビジオール国際一般名:Cannabidiol)の略称で、に(薬用の大麻以外にも)含まれる113ある以上のカンナビノイドのひとつです。主なフィトカンナビノイドで、麻の抽出物の計40%までの割合を占めることもあります。アメリカで商品名エピディオレックスで医薬品として承認された製品もあります。
多くの試験から良好な安全性の特徴、忍容性があり、精神作用はなく、乱用、依存、身体依存、耐性はみられておりません。
CBDは広く医療への応用の可能性があるとみなされておりまして、臨床報告によると、副作用が少なく、特に向精神作用がなく、精神運動学習や心理的な機能に影響がない事などがその理由です。医薬品としての治験が完了しているものがあり、また規制を緩和した国が最近急激に増えております。
日本では、茎と種から抽出したCBDを所有、使用することは完全に合法です。

これに対して、THCは、テトラヒドロカンナビノール(英: Tetrahydrocannabinol;, Δ9-THC) の略称で、カンナビノイドの一種。多幸感を覚えるなどの作用がある向精神薬大麻樹脂に数パーセント含まれ、大麻(マリファナ)の主な有効成分である。などに存在するカンナビノイド受容体に結合することで薬理学的作用を及ぼします。
もちろん、日本では、所有が法によって、禁止されております。

CDBは、大麻の薬効成分、THCは大麻の麻薬成分といえるかもしれません。
CBDの薬効については、さまざまな研究が進んでおり、驚くべきその治療パワーが明らかになりつつあります。

弊社で扱うCBDは、99.9%以上の純粋なCBDです。電子タバコタイプ、オイルなど応用商品も、純粋なCBDをもとに作成しておりますので、THCが入ることがなく、安心安全にお使いいただけます。

CBDとは

カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)、略称CBDは、麻に (大麻草)に含まれる化学物質 の一つです。とは言っても、麻薬成分ではなく、漢方薬の薬効成分のように、さまざまな病気に対して、優れた効果を持つのではないかと、今、急速に研究が進んでおります。

麻薬成分ではないと申し上げました通り、 向精神作用いわゆる「ハイ」になる精神作用効果はなく、乱用、依存、身体依存、耐性などは起こらないといわれております。

しかし、その薬効効果は大変優れており、可能性を指摘されている効果で有名なものだけでも、がん治療に役立つ、炎症を抑える、過度な自己免疫を抑える、神経系を保護し、神経疾患の改善に役立つ、多発的硬化症・総合失調症などの症状を緩和する。転換を緩和する、不安を緩和する、痛みを緩和する、リュウマチを和らげる、不眠症を改善する、細菌・ウイルスから防衛する力を強める、禁煙に役立つ、にきびを改善する、などなど、病気の8割の症状を改善するとまで言われております。

それは、CBDが人間の自律神経に働きかけ、元の自然な状態に戻すよう作用し、免疫力を上げるように作用するからといわれております。自律神経が健康な状態になり、免疫力が上がるとすれば、多くの病気が改善するのも当然といえます。

さらに、副作用はほとんど見られず(若干あるとの指摘もあり)今のところ、多少過剰摂取(1500mg/day以上)をしても、問題はないといわれております。

1日、10~30mgを1,2回摂取することが勧められているようです。

CDBの正式販売開始

株式会社アイレンでは、CDB  カンナビジオール(国際一般名:Cannabidiol)の正式な取り扱いを始めました。

米国産、99.9%以上のCDBを確保しております。純度が高いため、さまざまな成員に応用ができます。現在、経口オイル、マッサージ用オイル、電子タバコ用製品などを開発中です。

弊社のCBDには、THCは全く含まれておらず、安全です。

現在の日本では、海外から輸入するしか入手方法がありません。そのため、市場には、安い粗悪品や、THCを含んでいる商品も多々見受けられます。ひどいものだと、花穂から作成したと堂々と謳っているものもあり、違法品ですので注意しましょう。(日本では、花穂からの成分を利用することは禁止されてます。)

フルスペクトラム(CDB以外の成分も含む)を強調する商品も多いですが、THCが少しでも入る可能性があり、最大限の注意が必要です。日本と海外では、基準が違いますので、海外でOKでも、日本国内では、所有が禁止されることがあります。知らなかったではすみませんので、なるべく避けることをお勧めします。

スリランカとのビジネス始まりました。

スリランカとのビジネスが始まりました。スリランカで、無農薬養殖を行ったブラックタイガーを直輸入し、販売します。11月10日にはサンプル出荷予定。試食会も行う予定。JICAが全面協力して、スリランカと協業した自然農法のエビは、病気もなく、大型で、味もよいとのこと。取り扱っていただけるお店を募集しております。ご興味ある人はご連絡ください。

植物工場プロジェクト始動開始

光に頼らない光合成の植物工場と、ほったらかし自動栽培のコンビネーション農業の事業を開始します。

光に頼らない光合成の植物工場とは、アグリジャパンが開発した植物に光に頼らない光合成をさせる全く新しい植物工場です。

千葉県長生郡睦町様と上総コーポレーション様との協業で、同町にアグリジャパンが開発した新型植物工場を建設する予定です。

写真は、設置予定地を確認する風景

約4百坪に、植物工場と、ネイチャーダイン社様とのコラボレーションで、ほったらかし栽培試験場を作ります。

できたものは、すぐ近くの道の駅でも販売する予定。

新しい農業をここから発信していきます。

わくわくするような日本の農業を開始させる予定です。

 

 

ベトナムより、弊社を訪問いただきました。

代表の説明に耳を傾けるDr.SON

ベトナム、ハノイからヴェトドク病院のDr.SON様、医療ツーリズムのハナ社代表等、4名が、弊社のがん治療クリニック構想の確認のため訪問されました。

アイレンでは、癌治療として、マイクロウエーブや、近赤外線を使ったクリニックを準備しており、その視察のため、ベトナムよりお越しいただいたものです。

クリニックができ次第、ベトナムよりインバウンドの医療ツーリズムを行うほか、臨床結果を得た後、同治療方法で、セミナーなどを行う構想を打ち合わせました。

ベトナムでも、近年、がんに侵される人が多く、かなりの期待を持っていただいております。

コタラヒムブツ Ⅱ

食前に摂取で糖質の体内吸収が抑制

コタラヒムブツの最大の機能は「糖尿病の予防効果」です。これはすでにアーユルヴェーダの教典にも記されております。糖尿病は現代病といわれますが、じつは古くからあり、アーユルヴェーダの教典では「チャカラ・サンヒータ」と記されおります。

症状は、「混濁した尿が多く出て、尿には糖分が多く含まれるためアリやハエが集まり、口渇、口臭などがある病。怠惰な生活による病でマハラジャ(王候)の病」と解説されております。

スリランカでは数千以上年前から糖尿病にはコタラヒムブツが良いと伝承されてきました。コタラヒムブツを食前に摂ることで糖質の体内吸収が抑制されるという科学的メカニズムは、じつは、日本で、日本人の研究者により解明されております。

リパーゼ活性が低下、脂肪が溜め込まれにくい

コタラヒムブツにはコタノールやサラシノールという成分が含まれ、2糖類以上の糖を分解する「α-グルコシダーゼ」という酵素の働きを阻害する働きをします。

コタラヒムブツを食前に摂ることで、食事に含まれる糖質(ブドウ糖や果糖)の体内(特に小腸)吸収を抑え、血糖値の上昇を抑制、インスリンの過剰分泌を抑止することが研究の結果、明らかとなりました。

また、コタラヒムブツは胃液に含まれる脂肪分解酵素のリパーゼの活性を阻害する働きがあることが明らかとなっています。リパーゼは胃液に含まれる脂肪分解酵素で、これにより脂肪が脂肪細胞に取り込まれる働きをします。しかしコタラヒムブツを摂るとリパーゼの活性が低下するため、脂肪が溜め込まれにくくなると考えられております。

2002年にWHO(世界保健機構)も有用性を認定

さらに、コタラヒムブツにより吸収が抑制された糖質は腸内でオリゴ糖となり、腸内の善玉菌の餌となると考えております。そのため腸内細菌のバランスが良くなり腸内環境が改善されるという大きな特徴があります。この腸内環境の改善により、腸内免疫が整い、花粉症や美肌の効果も期待されているほか、女性のお通じにも効果的といわれております。

コタラヒムブツの持つこれらの有用性については、2002年にWHO(世界保健機構)も認定しており、世界各国から高い注目が集まっている。そのため現在はハーブティー、サプリメント、キャンディ、化粧品などの応用商品の開発が進められております。

もともと食経験の長いコタラヒムブツですが、臨床試験や安全性確認は厳格に行われている。特に糖尿病患者に対する臨床試験では被験者全員の血中中性脂肪濃度の低下を示するなど有益なデータがすでに存在しております。

糖尿病の予防や改善、肥満予防、便秘解消など、日本人には嬉しい効果が多く期待されるコタラヒムブツ。今後さらなる流通や知名度の拡大が期待される植物の一つです。

コタラヒムブツ

コタラヒムブツをご存知でしょうか。

スリランカ政府が厳重に保護育成、幻のハーブ

コタラヒムブツはスリランカにしか自生しないツル科の植物で、5,000~6,000年以上前から薬草として重宝されてきました。現地では、多くの人々が健康維持のために幹を煎じるなどして摂取しております。

「コタラヒムブツ」はシンハラ語(スリランカ語の一つ)で「神の恵」を意味します。スリランカの伝承医学であるアーユルヴェーダのなかでも重要なハーブの一つになっております。

コタラヒムブツは、利用できる大きさに成長するまでに7年以上の年月が必要で、非常に貴重な植物とされています。そのため、スリランカ政府は乱獲防止や自然保護の目的で海外輸出規制を行い、厳重に保護育成してきました。コタラヒムブツは長い間世界のどこにも輸出されなかったことから、「幻のハーブ」と称されておりました。

日本にのみ一定量の輸出が許可

近年、スリランカ政府はコタラヒムブツの一定量の輸出を日本にのみ認めていただきました。日本ではごく少数の企業がコタラヒムブツの直輸入が可能となり、ハーブティーやサプリメントなど徐々にコタラヒムブツが流通するようになっております。

しかし、実際は、「サラシア」としてインドの植物を誤用されていることがほとんどです。スリランカのコタラヒムブツとインドのそれでは、全く異なるほど別種として進化を遂げており、効果効能も異なります。

コタラヒムブツの独特の効果とその恩恵を受けたければ、スリランカ産の正規品をお使いになる必要があります。

株式会社アイレンでは、スリランカ政府公認のコタラヒムブツを取り扱っております。

お問い合わせは、お問い合わせフォームから、お願いします。

マレーシア訪問

日本で一番売れているフェイスマスク”LuLuLun”をマレーシアで販売すべく、稲畑産業様と訪問しました。

東南アジアで、圧倒的なシェアを持つ、ガーディアン、地元のドラッグストア、香港系バラエティショップのSaSa、日系のイオンなどを回り、市場調査と、商談を行いました。

反応は非常によく、「早く、日本で人気の商品を販売してほしい。」という声に励まされ、非常に身の引き締まった感じがいたしました。

帰国したら、メーカーのグライド社様とも、早くマレーシアにLuLuLunを届けるべく、努力いたします。